ノマド・ジュンのねはんスタジオ

アートと思索の日々への回帰 ノマドとは知と信を求めてさすらう旅人 ねはんは涅槃で寝半 
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 65才 | main | かにのお澄まし >>
# 美人画の時代(町田市立国際版画美術館)

美人画の時代(町田市立国際版画美術館)
先日ですが、拙宅から近く散歩がてら訪れる。近・現代の鏑木清方(現在近美で「筑地明石町」など特別公開中)とその周辺に投射される江戸中〜後期の鈴木春信から喜多川歌麿たちの流れが丁寧に企画されていた。美人画は春信にはじまり歌麿でひとつの頂点を見る感があるけど、この展示では、鳥居清長や実は清方が大きな影響を受けたとされる鳥文斎栄之などあまりデフォルメをかけない実写的、人物を取り巻く市井の描写、紅嫌いと言われる色調を抑えたものなど、実は清方を成り立たせているのだろうと思われる様々な点が丁寧に取り上げられていて見応えがあった。ロケーションもよくここは訪れるたびにお得感があります。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:18 | category: アートナビ |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:18 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Archives
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
参加中
人気ブログランキングへ.

人気ブログランキングへ
Search this site
Sponsored Links