ノマド・ジュンのねはんスタジオ

アートと思索の日々への回帰 ノマドとは知と信を求めてさすらう旅人 ねはんは涅槃で寝半 
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新春ソロリ始動 | main | 日本未来派詩集 >>
# 古代大陸&バイキング


古代大陸&バイキング
先日からの本の整理は必然的に資料の整理にもなる。いくつも、もう一度読み直さないとなと思うものが出てくる。これは面倒な作業の中の楽しみ。
古代大陸 先史にかかわるものとしてムーとアトランティスが有名。このあたりの話は再現できる可能性はまったくないので、勝手に夢想の中にあそぶ。
アトランティス大陸:これはとても面白い。プラトン、ヘロドトスをはじめ多くの著述家が、海(地中海か大西洋か微妙)に文明が高度に発達した巨大な陸地の存在を示している。最近の説では3000〜5000年前地中海の真ん中イタリアからマルタの沖に沈んだマルタ古陸に大地母神をいただく高度に発達した文明があり(ヌメーバ文明?)、エルトリア、サルジニア島、ギリシア沿岸部のアテネなど都市国家の原型になっていて、海洋国家としても北ヨーロッパから中南米まで展開していたとするもの。そこにそういうものがあったとすると、たしかにいろんな説明がつきやすい。
ムー大陸:本の表紙にも描かれているが、ひとつの可能性として太古には東南アジアのスンダ列島は大スンダという大きな陸地であり、オースト...ラリアともつながっていて、現在このあたりはウォーレシアという生物学的・民族学的にとても多彩で複雑な地域として知られる。つまり大きな陸地がじりじりと狭められて狭い島々に集約されてきたのではないのか。これらはインド古陸(ドラヴィダ)と深い関係を持つといわれる。これは当然比較的近い日本列島も巻き込まれる動き。
日本でも大きな地殻変動による文化の断絶、流入出は当然起きる。この2000年で最大の動きは、A.D900年頃(平安期)の大十和田岳の大噴火と言われている。多くのものが埋まり、北東北の文化にはここで大きな断裂があるはずだ。
これらのことはすべてを掘り返すことは絶対できないので、一番つじつまの合いそうなことを想定するしかない。
 
| comments(7) | trackbacks(0) | 20:29 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:29 | category: - |
コメント
岡山大学ワンゲル部で少しの間ご一緒させていただいた大谷君では?と思い連絡させていただきました。間違ってたらごめんなさい。
| sekiko | 2015/01/18 5:05 PM |

その大谷です。あまりコメント欄みないものですからいま気付きました。
sekikoさんとは?
| 大谷純 | 2015/01/27 9:59 PM |

旧姓chishokuです。思い出してくださるとうれしいなあ。
| sekiko | 2015/02/25 10:46 PM |

ああ、そうかなあと思っていましたよ。今どうしていらっしゃるんですか?
| 大谷純 | 2015/02/28 7:52 PM |

数年前に退職し、だらだらと毎日を過ごしております。退職後、トレッキングを再開し、ゆっくりゆっくりと山を歩いております。冬は我が家の裏にある竜の口山ですけどね。
| sekiko | 2015/03/01 10:28 PM |

なつかしいですね。竜の口山って岡山でしたっけ。個人メールでやりとりもしたいですが、このブログに書きこむと一般公開になってしまうんでしょうね。システムがよくわかりません。FBなどは個人メッセージ欄があるので便利ですが。よろしければメールアドレスを何らかの方法で教えてください。秋元君や吉田君、下平君たちとはやりとりしています(それほど活発ではありませんが)。一度このブログのコメントに「NAMAZU」と出たので鯰江君だろうなと思いましたが、そのままになっています。
| 大谷純 | 2015/03/02 9:39 PM |

メールアドレスついているようですね。今発見しました。
| 大谷純 | 2015/03/02 10:15 PM |

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Selected Entry
Archives
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
参加中
人気ブログランキングへ.

人気ブログランキングへ
Search this site
Sponsored Links