ノマド・ジュンのねはんスタジオ

アートと思索の日々への回帰 ノマドとは知と信を求めてさすらう旅人 ねはんは涅槃で寝半 
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# サロベツ原野、根釧原野・釧路湿原(スキー行)

根釧原野・釧路湿原(スキー行)
今回の道北、道東の旅は、大学ワンゲル時代にノルディックスキーで訪れた地への再訪という意味もあった。サロベツは2年時にサブリーダーとして、特に3年時の根釧原野は、9人パーティーのリーダーとして立案からすべての責任を負ったものであり思い出深い。
原野を走るといっても、原野そのものは、木の株や思わぬくぼ地や流れが横切っていたりと、達成感はあるけど滑走にはあまり適さない。滑走に最適なのは、幹線道路ではない何でもない間道とか氷が張った上にわずかに新雪が乗った沼とか牧草地などだ。これらをうまくつなぎながらコース設定をする。9人のうち3人女子が含まれていたのだが、雪の深いところではサブリーダーを中心にしたラッセル(雪かき)隊を先に出して、その後に女子、しんがりを皆の調子を見ながらリーダーが走る。
実際のスキー行ではまず中標津(弟子屈)のあたりで野営をして足慣らしをし、今はミルクロードというらしいが少し南から根室海峡、白鳥岱に向かって滑走、摩周湖周辺を走り、最後フィナーレとして屈斜路湖から網走〜浜小清水方面、オホーツク海に向かって50キロほどの行程を滑り降りた。今考えると、ずいぶんすごいことをやってたんだなと感慨深い。

| comments(0) | trackbacks(0) | 10:13 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# アイヌコタン

アイヌコタン(阿寒湖畔)
ここも強く感動した。アイヌの人たち36戸100人が暮らしている集落。多分わが国で最も長く続いている家系なのではないのだろうか。深い山々に守られて精霊の宿る場所。その住居チセとアイヌの古式舞踊に触れる。踊りや暮らしのその調子は世界中の民族の古式の様式と共通している(私はそれほど詳しくないのだが)ように思えた。原初、世界中に共有された文化基盤。確かにそのようなものは存在する。舞踊を観ている人たちにも、敬意をもってその場を分かち合っているという風情があり心地よかった。最後のエイサッサーでは私たちも輪に入って踊る。

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:40 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# 網走監獄

網走監獄、人気スポットですね。私たちは閉館間際に入ったのですが、広い駐車場にまだかなりの車があり、中の人も多かった。

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:02 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# オホーツク街道

オホーツク街道
宗谷岬を後にして、荒天のなか一路網走へ。何としても走ってみたかった道。オホーツクを左に見て300キロ超ひた走る。神威岬、サロマ湖を経て、羅臼岳?を微かにのぞむ能取湖に達する。夕刻網走に。

| comments(0) | trackbacks(0) | 18:01 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# 知床ネイチャークルーズ(ホエールウオッチング)

知床ネイチャークルーズ(ホエールウオッチング)
羅臼港から海へ。マッコウ鯨がすぐ近くに姿を見せてくれた。鯨は40分潜って7〜8分浮上を繰り返し、浮いている間に数度の潮吹きをしたあと尾びれを大きくはねあげてまた潜っていくのだと言う。監視員が潮吹きをキャッチしたら全速力で近づいてゆく。「振り落とされるなよ」と、なかなかワイルド。遠くには国後の山々。

| comments(0) | trackbacks(0) | 16:45 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# 名古屋城本丸御殿
改装され公開されたばかりの名古屋城本丸御殿を訪れました。
| comments(0) | trackbacks(0) | 19:48 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# 天河大弁財天
天河大弁財天 過日、紀伊半島の奥座敷。明日香村の辺りは春の陽気でしたが、天川では小雪が舞っていました。芸能の神様でもあるということで、拙著原作の映画「神の領域」の成功と私にかかわりを持って下さる方々の芸(アートもこれに含まれるんでしょうか?)の向上を祈念してきました。 立ち位置のよい風格のあるお社です。天川の流れは遥か熊野に注ぎますが、なるほどと思わせる素晴らしい土地ですね。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:22 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# 天川
紀伊・熊野 この何年かの間に熊野・吉野・高野山、少し広げると伊勢・宇陀など紀伊のいわゆる聖地は一通り訪れたのだが、自分の中でこれらがうまくつながらない、つかめないなという不全感にさいなまれる。思うに、それらの交差点である天川を訪れていないな。ということで、この春はとにかく天河弁財天のあたりに一度足を運んでみたいと思っています。何が感じられるか(入ってくるか)楽しみ・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:28 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# 鎌倉大仏


鎌倉大仏さま

先日横浜行きの折。

この十何年か必ず年に一度は大仏さまにお会いしている。

このタイミングを逃すと今年は危ないなと思い、

朝一番に鎌倉に直行してから横浜にUターン、

今年も何とかクリア。

朝一番だったせいで、

奇跡の一対一対面。

このすぐあとに日本からと韓国からと思しき修学旅行か

子どもたちとおばさんがたの集団がなだれ込んできた。

やはり大仏さまはいつ見てもいい男だねえ。

 
| comments(0) | trackbacks(0) | 20:57 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
# 10月15日
 10月15日

今日は我が家にとって

もうひとつの大切な誕生日。

合掌。
| comments(0) | trackbacks(0) | 16:58 | category: ねはん(涅槃で寝半)スタジオ |
Archives
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
参加中
人気ブログランキングへ.

人気ブログランキングへ
Search this site
Sponsored Links