ノマド・ジュンのねはんスタジオ

アートと思索の日々への回帰 ノマドとは知と信を求めてさすらう旅人 ねはんは涅槃で寝半 
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
# 65才

少し前ですが、65才になりました。さてどうするかな。今から何ができるかな。

| comments(0) | trackbacks(0) | 11:50 | category: 大国主人のツブヤキ |
# コナン列車&あおや(青谷)和紙工房

12日に開通した山陰自動車道路の鳥取西〜青谷間を走ってみがてら週末青谷の因州和紙工房を訪れる。青谷駅で「コナン列車」に遭遇。そこから数キロ奥に和紙工房、なかなかのものです。

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:47 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 物部神社(石見一之宮)

物部神社(石見一之宮)
今回の西方歴訪の第一の目的はこちら。以前から気になっていた。新嘗祭のさい最古級の重要な神事が行われる御社とのこと。やはり神気の強い堂々とした御社です。
御社にお詣りするときなるべく裏のほうにも回ってみるのですが、裏山が登れそうだったので少し進んでみると、簡素な御しるしの奥が木の根道になっていてその奥に「御神陵」とあり。あとで宮司さんに「あれは」と尋ねてみると「こちらの本来の神様をお祀りしています」と。物部を小高い丘の上から見降ろしている神っていったいどんな存在なのだろうか。境内の左手に古層を感じさせる鳥居があるが、こちらが本来の参道なのだろう。

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:09 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 蒜山

陽気に誘われ、久しぶりに県境を越えて懐かしの町、新婚当時の赴任地、勝山に。途中の蒜山が素晴らしかった。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:28 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 鳥取砂丘イリュージョン

鳥取砂丘イリュージョン
メリークリスマス。皆様、よいお年を。

| comments(0) | trackbacks(0) | 17:15 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 合掌

先日人生の大恩師が亡くなった。葬儀は家族葬で済まされ木曜日にメール連絡が入っていたようだが、私がメールボックスを開けたのは遠出から帰った日曜日だった。後日「偲ぶ会」が催されるとのこと。

私の東京での活動はすべてこの御方からの賜りものだった。岡山の田舎でくさくさしていて東京行きを企てたとき、「出ておいでよ」と心療内科の医局入りを認めていただいたのがすべての始まりだった。心療内科もJICAも人間総合科学大学への転身もすべて先生のお導きだった。「癒しの原点」「摂食障害病棟」などの私の著書も。

言葉もありませんが、心からご冥福をお祈りいたします。 合掌

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:40 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 山陰海岸

山陰海岸塩パークを散策。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:03 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 神魂(かもす)神社

神魂(かもす)神社
とにかく美しい。本殿は最古の出雲様式(出雲大社の原型と言われる)で国宝。今回何度目かの訪問になるが、石段を上がるとサーッと何かが変わる感覚はいつもの通り。鳥居をくぐった瞬間から空気が変わります。
八重垣神社や熊野大社と組み合わせてのお詣りが多いのですが、今回はわき目も振らず神魂神社のみ。その代り裏山の磐座から遠目の樹叢、隣接地の祠など全周囲を探訪。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:13 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 石清水八幡宮

連休前半のお出かけ。奉納太鼓が賑やかでした。参道に雰囲気があります。

| comments(0) | trackbacks(0) | 21:08 | category: 大国主人のツブヤキ |
# 松葉ガニ

ドーンと松葉ガニ。今シーズンはこれが最後かな。

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:28 | category: 大国主人のツブヤキ |
Archives
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
参加中
人気ブログランキングへ.

人気ブログランキングへ
Search this site
Sponsored Links